タピオカミルクティーとレザークラフト


 

 

ハイサイ。NOBUです。

今日の那覇の天気は曇り。雨はあまり降らなかったみたい。

最近、沖映通りのバーガーキング跡地にタピオカミルクティー屋の貢茶(ゴンチャ)がオープンしました。前を通る時いつも行列ができていて、びっくりします。そして、もちろん飲みました。美味しかったです♪

今日はレザークラフトを始めた頃の革のお話をしましょう。

レザークラフトを始めるにあたって、革を用意するわけですけれども、

最初に買った革は革材料屋さんの店頭にあったハギレでした。
A4サイズぐらいのハギレを1000円ほどで購入。

その後、レザークラフト大手メーカー(クラフト社・エル・セイワ)の革を経て、現在主に使用している昭南皮革・テンペスティ・ブレターニャに落ち着いています。

ヌメ革は豊富に種類がありますので、気に入った革を見つけるのは大変です。

僕の経験からこれからレザークラフトを始めるかたにアドバイス。

ずばり!最初から思い切って値段の高めの革を買いましょう。

値段はお手頃のハギレは、半裁革の商品として使わなかった・使えない部分(腹など)の革が多いので、繊維が詰まってなくて(※ここ重要)、なかなか上手く作れないです。

逆に、数万円しますが思い切って、ヌメの半裁革(半分。革材料はこれ。)を買っちゃいましょう。数万円かかってますから、レザークラフトも挫折できないでしょう。

半裁革はお尻から背中の部分を主に使います。繊維の詰まった革を使うだけで上手く作ることができます。これホント♪一気にレベルアップした気になりますよ♪

サンキングレザークラフトのfacebookページ・instagram・twitterもこざいます。いままで制作したアイテムなどを紹介していますので、是非ご覧下さい。
最新情報はFacebookページです→https://facebook.com/sunking.okinawa
みんなフォローしてinstagramです→https://instagram.com/sunkingleather/
最近始めたばかりTwitterです→https://twitter.com/sunkingleather1

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です